メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  新リスク分類で腫瘍性尿管狭窄の予後予測

新リスク分類で腫瘍性尿管狭窄の予後予測

国内多施設共同研究でPLaCT分類の妥当性を前向きに検証

 2019年08月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 腫瘍性尿管狭窄は、腎臓から膀胱へ尿を送る尿管ががんの進行により狭窄する病態であり、尿流の停滞は腎機能の低下や尿路感染症を引き起こす。その出現自体が予後不良を示すとされるが、患者背景により生存期間は3.7~15.3カ月と大きく異なる。そのため、原発がん担当医は「治療方針の決定」に、泌尿器科医は「尿管ステントや腎瘻などの尿路変向法の適応および選択」に苦慮することも多いという。こうした背景の下、金沢大学大学院集学的治療分野泌尿器科講師の泉浩二氏らは、これまでにに腫瘍性尿管狭窄の生存期間を予測する新しいリスク分類"PLaCT分類"を開発・報告したが、その基となる研究は後ろ向きで症例数も少なかった。そこで今回、同氏らは多施設共同研究で腫瘍性尿管狭窄患者300例を対象にPLaCT分類の妥当性を前向きに検証。その結果を第17回日本臨床腫瘍学会(JSMO2019、7月18~20日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  新リスク分類で腫瘍性尿管狭窄の予後予測

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09521267 有効期限:9月末まで