メニューを開く 検索を開く ログイン

トップジャーナルの半数で"情報操作"

精神医学系6誌掲載のRCTを分析

 2019年08月26日 05:05
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 米・College of Osteopathic Medicine, Oklahoma State University Center for Health SciencesのSamuel Jellison氏らは、精神医学系のトップジャーナル6誌に掲載された二重盲検ランダム化比較試験(RCT)の抄録の半数以上に"spin"が認められたと、BMJ Evid Based Med2019 年8月 5日オンライン版)に報告した。しかし資金提供があった企業とspin記載に有意な関連は認められなかった。spinとは、有意差がないにもかかわらず都合が良いように結果を拡大解釈するなどの情報操作を行うこと。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  トップジャーナルの半数で"情報操作"

error in template: found but mtif was expected