メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  抗がん薬の心毒性をどうマネジメントする?

抗がん薬の心毒性をどうマネジメントする?

循環器医と腫瘍医が連携を

2019年08月26日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

 近年、がん治療は分子標的薬を含む新規抗がん薬や免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の登場により、治療成績や生存率が向上した。その一方で、がん治療による心血管系副作用(心毒性)が問題となり、心毒性マネジメントの重要性が増加している。第27回日本乳癌学会(7月11~13日)で、大阪国際がんセンター成人病ドック科主任部長の向井幹夫氏は、腫瘍循環器学の現状と今後について講演。「循環器内科医と腫瘍内科医の密接な連携により、従来の知見に捉われない新しい発想に基づくアプローチが求められている」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  抗がん薬の心毒性をどうマネジメントする?