メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

抗がん薬の心毒性をどうマネジメントする?

循環器医と腫瘍医が連携を

 2019年08月26日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、がん治療は分子標的薬を含む新規抗がん薬や免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の登場により、治療成績や生存率が向上した。その一方で、がん治療による心血管系副作用(心毒性)が問題となり、心毒性マネジメントの重要性が増加している。第27回日本乳癌学会(7月11~13日)で、大阪国際がんセンター成人病ドック科主任部長の向井幹夫氏は、腫瘍循環器学の現状と今後について講演。「循環器内科医と腫瘍内科医の密接な連携により、従来の知見に捉われない新しい発想に基づくアプローチが求められている」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  抗がん薬の心毒性をどうマネジメントする?

error in template: found but mtif was expected