メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  中高年期に高血圧→低血圧で認知症6割増

中高年期に高血圧→低血圧で認知症6割増

米・4,700人超を24年間追跡

2019年08月26日 17:01

12名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 中高年期の異常血圧は、認知症の発症リスクを上昇させる可能性がある。米・Johns Hopkins UniversityのKeenan A. Walker氏らは、中年の米国人4,700人超を24年間追跡して血圧変化パターンと認知症リスクの関連を検討した結果をJAMA2019; 322: 535-545)に発表。認知症の発症リスクは、中高年期を通じて正常血圧を維持した人と比べ、中年期も高齢期も高血圧であった人では49%上昇、中年期の高血圧から高齢期に低血圧に転じた人では62%上昇することが判明したという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  中高年期に高血圧→低血圧で認知症6割増