メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

中高年期に高血圧→低血圧で認知症6割増

米・4,700人超を24年間追跡

 2019年08月26日 17:01
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 中高年期の異常血圧は、認知症の発症リスクを上昇させる可能性がある。米・Johns Hopkins UniversityのKeenan A. Walker氏らは、中年の米国人4,700人超を24年間追跡して血圧変化パターンと認知症リスクの関連を検討した結果をJAMA2019; 322: 535-545)に発表。認知症の発症リスクは、中高年期を通じて正常血圧を維持した人と比べ、中年期も高齢期も高血圧であった人では49%上昇、中年期の高血圧から高齢期に低血圧に転じた人では62%上昇することが判明したという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  中高年期に高血圧→低血圧で認知症6割増

error in template: found but mtif was expected