メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

無精子症への精子採取術、有用な予測因子は

 2019年08月27日 05:15
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 一般男性の約1%、不妊男性の約10%が無精子症と推定され、そのうち精巣の造精機能に異常がある非閉塞性無精子症(NOA)は約60%を占める。NOAに対する標準的な不妊治療は顕微鏡下精巣内精子採取術(Microdissection TESE;Micro-TESE)だが、精子回収率(sperm retrieval rate;SRR)は30〜50%にとどまることから、これまでSRRの予測因子を探索する複数の研究が行われてきた。横浜市立大学市民総合医療センター生殖医療センター泌尿器科の竹島徹平氏は第37回日本受精着床学会(8月1〜2日)で、Micro-TESEにおけるSRRの予測因子を調べた過去の研究を、①非侵襲的②侵襲的③術中−の3つに分類して紹介した。(関連記事:「AIが男性不妊を救う?」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  無精子症への精子採取術、有用な予測因子は