メニューを開く 検索を開く ログイン

長期の周術期抗菌点眼が耐性化を誘導

 2019年08月27日 17:40
プッシュ通知を受取る

26名の先生が役に立ったと考えています。

 宮田眼科病院(宮崎県)外来医長の子島良平氏はフォーサム2019京都(7月5~7日)で、周術期の抗菌点眼薬による結膜囊常在菌の耐性化の現状を示し、点眼薬の使用期間を含めた適切な使用方法の議論が必要と述べた。同院では2017年4月に、耐性菌対策の観点から周術期の抗菌点眼薬の処方を大幅に見直しており、その根拠となった自身の研究結果も含めたデータを示し、「その後、約6,000件の手術を行ったが眼内炎の発症はない」と処方変更による感染症発生事例がなかったことを強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  長期の周術期抗菌点眼が耐性化を誘導