メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  長期の周術期抗菌点眼が耐性化を誘導

長期の周術期抗菌点眼が耐性化を誘導

 2019年08月27日 17:40
プッシュ通知を受取る

26名の先生が役に立ったと考えています。

 宮田眼科病院(宮崎県)外来医長の子島良平氏はフォーサム2019京都(7月5~7日)で、周術期の抗菌点眼薬による結膜囊常在菌の耐性化の現状を示し、点眼薬の使用期間を含めた適切な使用方法の議論が必要と述べた。同院では2017年4月に、耐性菌対策の観点から周術期の抗菌点眼薬の処方を大幅に見直しており、その根拠となった自身の研究結果も含めたデータを示し、「その後、約6,000件の手術を行ったが眼内炎の発症はない」と処方変更による感染症発生事例がなかったことを強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  長期の周術期抗菌点眼が耐性化を誘導

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09521265 有効期限:9月末まで