メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  集中治療医学会など3学会で「敗血症連盟」始動

集中治療医学会など3学会で「敗血症連盟」始動

市民、一般臨床医に啓発活動を共同展開

 2019年08月27日 14:35
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 日本集中治療医学会、日本救急医学会、日本感染症学会の3学会は昨日(8月26日)、共同で記者会見を開き、敗血症の認知度を高めるため「日本敗血症連盟」を結成、具体的な啓発活動プログラムを発表した。敗血症は世界で約3,000万人が発症し、3人に1人が死亡する重篤な疾患でありながらも一般市民の認知度は低い。また、一般臨床医でも適切な対応法を熟知しているとは言い難いことから、一般市民、一般臨床医への啓発活動を行い、最終的には敗血症の早期発見・治療につなげたい考え。市民公開講座、9月13日の世界敗血症デーに合わせた情報発信、わが国での敗血症の実態調査などを計画している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  集中治療医学会など3学会で「敗血症連盟」始動

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09521326 有効期限:9月末まで