メニューを開く 検索 ログイン

どう防ぐ?薬剤性認知障害

鍵は医師と薬剤師の連携

2019年08月28日 05:10

18名の医師が参考になったと回答 

 認知症患者の多くは背景に生活習慣病があり、多病であることが少なくない。一方で、高齢者は認知症でなくても複数の疾患を抱えていることが多く、ポリファーマシーの1つとして認知障害が起こるという問題もある。いずれにしろ併存疾患および服薬管理が重要であり、そのためには医師と薬剤師の連携が欠かせない。東京大学病院老年病科教授の秋下雅弘氏は、第10回日本脳血管・認知症学会(8月3日)でポリファーマシーの原因を概説するとともに、医師と薬剤師のさらなる連携を呼びかけた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  高齢者 »  どう防ぐ?薬剤性認知障害

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD521141 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外