メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  白血病治療薬で筋萎縮性側索硬化症に挑む

白血病治療薬で筋萎縮性側索硬化症に挑む

ボスチニブ用いた医師主導試験

 2019年08月29日 17:55
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は運動ニューロンが消失していく神経変性疾患だが、幾つかの報告では、慢性骨髄性白血病(CML)の治療に用いられるチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)が運動ニューロンの細胞死を防ぐとされている。京都大学など4施設の研究グループは、ALSに対するTKIボスチニブの安全性や忍容性を検討する目的で、今年(2019年)3月に開始した医師主導第Ⅰ相試験の概要を第60回日本神経学会(5月22~25日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  白血病治療薬で筋萎縮性側索硬化症に挑む

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09521089 有効期限:9月末まで