メニューを開く 検索 ログイン

経口抗菌薬が結腸がんリスク上昇に関連

英・プライマリケアデータ解析

2019年08月29日 17:50

38名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 経口抗菌薬の使用は、近位結腸がんのリスク上昇に関連している一方で、直腸がんのリスク低下と関連する。米・Johns Hopkins UniversityのJiajia Zhang氏らは、英国最大の一般診療所診療録データベースClinical Practice Research Datalink(CPRD)を用いたマッチド・ケースコントロール研究を行い、その結果をGut2019年8月19日オンライン版)に報告した。結腸・直腸における腸内細菌叢活性の違いが、抗菌薬ががんに及ぼす影響の大きさやリスクパターンに関連することが示唆されたという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  経口抗菌薬が結腸がんリスク上昇に関連

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD521257 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外