メニューを開く 検索を開く ログイン

SNS使用で女児のメンタルヘルス悪化

英・1万人超の大規模研究

 2019年08月31日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 TwitterやFacebookといったソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は、個人的な投稿、交流だけでなく、今や最新の情報を入手するためにも欠かせないツールである。英・University College LondonのRussell M. Viner氏らは、13〜16歳の英国小児1万2,866人を対象に、SNSの使用頻度がメンタルヘルスに及ぼす影響を調査。女児において使用頻度が高いほどメンタルヘルスが悪化する可能性があると、Lancet Child Adolesc Health2019年8月13日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  SNS使用で女児のメンタルヘルス悪化