メニューを開く 検索を開く ログイン

早期MRIで多発性硬化症の長期予後を予測

 2019年09月02日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 英・UCL Institute of NeurologyのWallace J. Brownlee氏らは、早期MRI所見により多発性硬化症(MS)患者の長期予後を予測できるかどうかを検討。その結果、単一の臨床症状を呈するclinically isolated syndrome(CIS)と最初に診断された時点のMRI所見が、15年後のMSの進行や身体障害、認知機能低下の予測因子になることが判明したとBrain2019: 142; 2276-2287)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  早期MRIで多発性硬化症の長期予後を予測