メニューを開く 検索 ログイン

涙小管を非侵襲で初観察―専用OCT開発

2019年09月03日 05:05

5名の医師が参考になったと回答 

 眼表面の涙液を処理する器官として重要な役割を果たす涙小管は障害されると治療が困難になるが、涙小管を客観的に評価する検査機器は存在していなかった。ナカノ眼科本院(京都市)副院長/京都大学眼科非常勤講師の藤本雅大氏は、涙道専用の光干渉断層計(OCT)を開発し、健常人と涙道疾患患者において涙小管の形態と機能の評価が可能であったと、フォーサム2019京都(7月5~7日)の学術奨励賞受賞講演で述べた。また、涙小管専用OCTが涙点閉塞に対する手術適応の決定などに有用であることも報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »   »  涙小管を非侵襲で初観察―専用OCT開発

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD521282 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外