メニューを開く 検索を開く ログイン

腎性貧血への鉄投与は経口で

 2019年09月03日 05:10
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性腎臓病(CKD)患者では貧血を経験することが多く、腎性貧血の病態としてエリスロポエチン(EPO)の相対的欠乏が知られている。聖路加国際病院腎臓内科部長の中山昌明氏は「CKDの腎性貧血に対する鉄投与は、感染症リスクがある静注より経口の方がよい」と第62回日本腎臓学会(6月21〜23日)で述べ、透析患者で鉄欠乏が増加している背景についても説明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ギャンブル依存症に来年度から保険適用の方針

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  腎性貧血への鉄投与は経口で

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12521349 有効期限:12月末まで