メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  リバーロキサバン、単剤で非劣性示す

esc2019

リバーロキサバン、単剤で非劣性示す

抗血小板薬併用と比較、日本発RCT・AFIRE

2019年09月03日 17:10

26名の医師が参考になったと回答 

 安定冠動脈疾患(CAD)を合併する心房細動(AF)患者を対象としたわが国の多施設共同ランダム化比較試験(RCT)AFIRE※1において、心血管イベントおよび全死亡の抑制で直接作用型経口抗凝固薬のリバーロキサバン+抗血小板薬の併用療法に対するリバーロキサバン単剤療法の非劣性が示された。安全性の評価項目である重大な出血性合併症についてはリバーロキサバン単剤療法の優越性が示された。国立循環器病研究センター副院長/心臓血管内科部門長の安田聡氏が欧州心臓病学会(ESC 2019、8月31日~9月4日、パリ)で発表。詳細はN Engl J Med2019年9月2日オンライン版)に同時掲載された。対象の約7割を経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の施行後1年以上経過した患者が占めていることから、リバーロキサバンで得られた今回の結果について、同氏は「PCI後1年以降のAF患者に対して経口抗凝固薬の単剤療法を推奨するガイドラインを支持するもの」としている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  リバーロキサバン、単剤で非劣性示す