メニューを開く 検索を開く ログイン
esc2019

運動習慣、継続は力なり

運動不足や身体活動の低下で死亡リスク増・HUNT study

 2019年09月03日 17:31
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 身体活動と死亡の関連を検討した研究の多くは、ベースライン時の身体活動のみを評価しており、長期の身体活動パターンが死亡リスクにどのような影響を及ぼすかは分かっていない。ノルウェー・Norwegian University of Science and TechnologyのTrine Moholdt氏らは、同国の前向き住民ベースコホート研究Nord-Trøndelag Health Study(HUNT study)において、22年間にわたり身体活動パターンと死亡リスクとの関係を検討。身体活動レベルが持続的に高かった人と比べて、身体活動レベルが持続的に低かった人や低下した人では、全死亡および心血管死のリスクが約2倍に高まるとの解析結果を欧州心臓病学会(ESC 2019、8月31日~9月4日、パリ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  運動習慣、継続は力なり