メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ドライアイ診断には眼表面の層別化が重要

 2019年09月04日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 これまで日本のドライアイ治療は、人工涙液やヒアルロン酸の点眼などによる水分補充を基本としていた。しかし近年、眼表面の構成成分であるムチンの分泌・産生を促す点眼薬が登場し、水分だけでなく眼表面の不足成分の補充が重視されるようになった。京都府立医科大学眼科学教室病院教授の横井則彦氏は「ドライアイ治療の効果をより高めるには、まず涙液層と表層上皮から成る眼表面の構造を層別に診断して不足成分を見極め、不足成分を補うことで涙液層の安定化を図ることが重要」と第123回日本眼科学会(4月18~21日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  ドライアイ診断には眼表面の層別化が重要

error in template: found but mtif was expected