メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  新薬ARNI、HFpEFでは有意な効果示せず

esc2019

新薬ARNI、HFpEFでは有意な効果示せず

バルサルタンとの比較:PARAGON-HF試験

 2019年09月04日 14:37
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米・Brigham and Women's Hospital/Harvard Medical SchoolのScott D. Solomon氏は、左室駆出率(LVEF)が保たれた心不全(HFpEF)患者を対象にアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)バルサルタンとネプリライシン阻害薬sacubitrilの新規化合物(ARNI)の安全性および有効性をバルサルタンと比較した第Ⅲ相試験PARAGON-HFの結果を欧州心臓病学会(ESC 2019、8月31~9月4日、パリ)で発表した。主要評価項目とした全ての心不全による入院(初回入院および再入院)と心血管死の複合に関してはわずかに有意差が認められなかったが、女性およびLVEF 45~57%の患者ではARNIのベネフィットが認められた。詳細はN Engl J Med2019年9月1日オンライン版)に同時掲載された。(関連記事「新薬ARNIは急性心不全にも有効」「心不全でACE、ARBの次の新手ARNIs出現!」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  新薬ARNI、HFpEFでは有意な効果示せず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10521411 有効期限:10月末まで