メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  退院時の降圧療法強化、高齢者では有害に?

退院時の降圧療法強化、高齢者では有害に?

2019年09月05日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 入院患者はさまざまな理由で一過性に血圧が上昇することがあり、高血圧有病者では、退院時に降圧療法の強化が行われることがある。しかし、心疾患以外の一般的疾患で入院した高齢の高血圧有病者4,000人超のデータを検討した結果、降圧療法の強化による再入院や深刻な有害事象のリスクが、想定される心血管イベント減少や血圧管理改善などのベネフィットを上回る恐れのあることが分かった。米・University of California, San Francisco(UCSF)のTimothy Anderson氏らがJAMA Intern Med(2019年8月19日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  退院時の降圧療法強化、高齢者では有害に?