メニューを開く 検索を開く ログイン

退院時の降圧療法強化、高齢者では有害に?

 2019年09月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 入院患者はさまざまな理由で一過性に血圧が上昇することがあり、高血圧有病者では、退院時に降圧療法の強化が行われることがある。しかし、心疾患以外の一般的疾患で入院した高齢の高血圧有病者4,000人超のデータを検討した結果、降圧療法の強化による再入院や深刻な有害事象のリスクが、想定される心血管イベント減少や血圧管理改善などのベネフィットを上回る恐れのあることが分かった。米・University of California, San Francisco(UCSF)のTimothy Anderson氏らがJAMA Intern Med(2019年8月19日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新語・流行語大賞は「ONE TEAM」

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  退院時の降圧療法強化、高齢者では有害に?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12521361 有効期限:12月末まで