メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ダパグリフロジン、心不全アウトカムを改善

esc2019

ダパグリフロジン、心不全アウトカムを改善

2型糖尿病合併の有無にかかわらず:DAPA-HF試験

2019年09月05日 15:40

75名の医師が参考になったと回答 

 血糖降下薬として使用されているSGLT2阻害薬は、2型糖尿病患者において心血管死や心不全による入院を抑制することが知られているが、糖尿病を合併しない心不全に対する予後改善効果は不明である。英・University of GlasgowのJohn J.V. McMurray氏らは、左室駆出率(LVEF)の低下した心不全(HFrEF)患者を対象に、SGLT2阻害薬ダパグリフロジンの有効性を検討するDAPA-HF試験を実施。心不全の標準治療にダパグリフロジンを上乗せすることで、2型糖尿病合併の有無にかかわらず心不全アウトカムが改善されたと欧州心臓病学会(ESC2019、8月31日〜9月4日、パリ)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ダパグリフロジン、心不全アウトカムを改善