メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ダパグリフロジン、心不全アウトカムを改善

esc2019

ダパグリフロジン、心不全アウトカムを改善

2型糖尿病合併の有無にかかわらず:DAPA-HF試験

 2019年09月05日 15:40
プッシュ通知を受取る

63名の先生が役に立ったと考えています。

 血糖降下薬として使用されているSGLT2阻害薬は、2型糖尿病患者において心血管死や心不全による入院を抑制することが知られているが、糖尿病を合併しない心不全に対する予後改善効果は不明である。英・University of GlasgowのJohn J.V. McMurray氏らは、左室駆出率(LVEF)の低下した心不全(HFrEF)患者を対象に、SGLT2阻害薬ダパグリフロジンの有効性を検討するDAPA-HF試験を実施。心不全の標準治療にダパグリフロジンを上乗せすることで、2型糖尿病合併の有無にかかわらず心不全アウトカムが改善されたと欧州心臓病学会(ESC2019、8月31日〜9月4日、パリ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

一息つける飲み物は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ダパグリフロジン、心不全アウトカムを改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11521427 有効期限:11月末まで