メニューを開く 検索を開く ログイン

パンチドランカーの原因蛋白を可視化

頭部外傷者で脳内タウ蛋白が蓄積

 2019年09月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ボクシングなどのコンタクトスポーツにおいて、頭部への反復的な打撃や外傷が加えられることで数年〜数十年後に進行性の神経変性疾患を発症する遅発性脳障害。いわゆる"パンチドランカー"の症状の発現および重症度について、慶應義塾大学精神・神経科学教授の三村將氏らの研究グループは量子科学技術研究開発機構(量研)との共同研究により、脳内タウ蛋白の蓄積量と関連することを明らかにしたとBrain2019年9月2日オンライン版)に報告。この成果は、量研が開発した生体内でのタウ蛋白を可視化するPET技術を応用したものという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  パンチドランカーの原因蛋白を可視化

error in template: found but mtif was expected