メニューを開く 検索 ログイン

イベニティなどの添付文書改訂を指示

2019年09月06日 18:20

20名の医師が参考になったと回答 

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は本日(9月6日)、骨粗鬆症治療薬ロモソズマブ(商品名イベニティ)と2型糖尿病治療薬トレラグリプチン(同ザファテック)について、添付文書の使用上の注意を改訂するよう指示したと発表した。ロモソズマブについては、発売直後から死亡を含む重篤な心血管有害事象が多発していた(関連記事「早くイベニティを処方したい! 川口浩氏に聞く」「死亡7例! 良薬イベニティを毒薬にした要因」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  安全性情報 »  イベニティなどの添付文書改訂を指示