メニューを開く 検索を開く ログイン

80歳以上と未満でAFカテ成績は同等

 2019年09月07日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 薬剤抵抗性かつ症候性の心房細動(AF)に対するカテーテルアブレーションは確立した治療法であるが、超高齢者を対象とした報告は少ない。榊原記念病院(東京都)副院長で循環器内科主任部長の新田順一氏は、さいたま赤十字病院(さいたま市)における80歳以上の超高齢AF患者に対するカテーテルアブレーションの成績および特徴を80歳未満と比較、検討。その結果を第66回日本不整脈心電学会(7月24~27日)で報告した。同氏は「適切な患者選択を行えば両者の成績は同等である」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  80歳以上と未満でAFカテ成績は同等