メニューを開く 検索を開く ログイン

致死率3割のウイルス感染、治療研究進む

重症熱性血小板減少症候群

 2019年09月10日 05:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 日本におけるダニ媒介のウイルス感染症は、ダニ媒介性脳炎(1993年に国内で初報告)や重症熱性血小板減少症候群(SFTS)である。国立感染症研究所ウイルス第一部部長の西條政幸氏は、SFTSの現状と治療薬開発の可能性について、第30回日本医学会総会2019中部(4月27〜29日)で解説。「現在、抗ウイルス薬とワクチンの開発が進められている」と述べた。〔読み解くためのキーワード:重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

米がコロナワクチン特許保護停止を容認

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  致死率3割のウイルス感染、治療研究進む