メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  致死率3割のウイルス感染、治療研究進む

致死率3割のウイルス感染、治療研究進む

重症熱性血小板減少症候群

 2019年09月10日 05:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 日本におけるダニ媒介のウイルス感染症は、ダニ媒介性脳炎(1993年に国内で初報告)や重症熱性血小板減少症候群(SFTS)である。国立感染症研究所ウイルス第一部部長の西條政幸氏は、SFTSの現状と治療薬開発の可能性について、第30回日本医学会総会2019中部(4月27〜29日)で解説。「現在、抗ウイルス薬とワクチンの開発が進められている」と述べた。〔読み解くためのキーワード:重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

外出先で和式トイレを使う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  致死率3割のウイルス感染、治療研究進む

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11521409 有効期限:11月末まで