メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  8倍危険!未治療高血糖者に受診促す

8倍危険!未治療高血糖者に受診促す

兵庫県豊岡市の腎臓病重症化予防の取り組み

2019年09月10日 18:05

8名の医師が参考になったと回答 

 糖尿病患者における腎臓病重症化予防が全国的に大きな課題となる中、コウノトリの放鳥で知られる兵庫県豊岡市では、独自の取り組みを行っている。公立豊岡病院内分泌・糖尿病内科の岸本一郎氏らが同市の特定健診データを解析したところ、同じHbA1cが8.0%以上でも、治療を受けている人に比べ、受けていない人では腎機能低下のリスクが8倍以上高いことなどが分かった(糖尿病2019;62:347-354)。同氏らは、これらの研究結果を端的に示したリーフレット(図1~3)を作成し、該当者に届けて、医療機関の定期受診を促すことを検討している。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  8倍危険!未治療高血糖者に受診促す