メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

イベニティ、重篤な心血管系有害事象が急増

死亡は11例に、発売後5カ月で

 2019年09月10日 16:40
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 アステラス・アムジェン・バイオファーマとアステラス製薬は、今年(2019年)3月に発売した骨粗鬆症治療薬ロモソズマブ(商品名イベニティ)の発売後5カ月時点での市販直後調査の結果を公表した。発売後4カ月時点での結果と比べ、重篤な心血管系有害事象は19例から43例に急増。同薬との関連が否定できない死亡例も7例から11例に増加している(関連記事「早くイベニティを処方したい! 川口浩氏に聞く」「死亡7例! 良薬イベニティを毒薬にした要因」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  イベニティ、重篤な心血管系有害事象が急増

error in template: found but mtif was expected