メニューを開く 検索を開く ログイン

ほくろの形や数でメラノーマのリスクを評価

 2019年09月11日 05:05
プッシュ通知を受取る

55名の先生が役に立ったと考えています。

 色素性母斑(ほくろ)の形や数とメラノーマのリスクにおける意外な関連性が明らかになった。オーストラリア・University of QueenslandのRichard A. Sturm氏らは、ダーモスコピーの所見に基づいてほくろを形態学的に分類してその数を測定することが、メラノーマのリスク評価に有用であるとする研究結果をJ Invest Dermatol2019年8月14日オンライン版)に発表した。研究では、非特異的形態(non-specific pattern)を示すほくろが多い人は、メラノーマを発症するリスクが高かったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  ほくろの形や数でメラノーマのリスクを評価