メニューを開く 検索を開く ログイン

日本の小児25人中1人に一生続く弱視の恐れ

1~6歳児約5,000例を対象に調査

 2019年09月11日 18:15
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 通常、視力は生まれてから幼児期にかけて徐々に向上していくが、遠視や乱視、近視、不同視、斜視などが生じると十分に向上せず弱視となる可能性がある。弱視を判定するためには屈折検査が必要だが、日本における大半の3歳児健診では視力検査のみが行われているという。のずえ小児科(東京都)院長の野末富男氏は、1~6歳児4,829例を対象に屈折検査を実施。25人中1人程度が遠視や乱視などの弱視危険因子を有していることが明らかになったと報告した(小児科臨床 2019; 72: 1040-1044)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  日本の小児25人中1人に一生続く弱視の恐れ