メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  発達障害者はロボットとの対話を好む

発達障害者はロボットとの対話を好む

 2019年09月12日 10:45
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 自閉スペクトラム症(ASD)の患者にとって、他者との対話が心理的負担になっている例は多い。国立精神・神経医療研究センター児童・青年期精神保健研究室室長の熊崎博一氏は、第19回日本抗加齢医学会(6月14日~16日)で、ASD患者を対象にアンドロイドを用いて行った研究を紹介。アンドロイドはASD患者のコミュニケーションを支援し、対話を促す可能性があるとした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

来年のNHK大河は明智光秀

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  発達障害者はロボットとの対話を好む

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11521488 有効期限:11月末まで