メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  高血圧患者は積極的にインフルワクチン接種を

esc2019

高血圧患者は積極的にインフルワクチン接種を

デンマーク・60万例超の後ろ向きコホート研究

2019年09月12日 18:52

18名の医師が参考になったと回答 

 インフルエンザへの罹患は、脳卒中や心筋梗塞のリスク上昇に関連することが複数の研究で示されている。入院患者を対象とした研究では、インフルエンザワクチンの接種により心筋梗塞の発症リスクが10%低減することが報告された(関連記事「インフルワクチンは心疾患の予防薬」)。デンマーク・University of CopenhagenのDaniel Modin氏らは、心血管疾患リスクが高い高血圧患者60万例超を対象とした後ろ向きコホート研究を実施。インフルエンザワクチン接種者では、未接種者と比べて全死亡リスクが18%低かったと欧州心臓病学会(ESC 2019、8月31日~9月4日、パリ)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  高血圧患者は積極的にインフルワクチン接種を