メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

esc2019

高血圧患者は積極的にインフルワクチン接種を

デンマーク・60万例超の後ろ向きコホート研究

 2019年09月12日 18:52
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 インフルエンザへの罹患は、脳卒中や心筋梗塞のリスク上昇に関連することが複数の研究で示されている。入院患者を対象とした研究では、インフルエンザワクチンの接種により心筋梗塞の発症リスクが10%低減することが報告された(関連記事「インフルワクチンは心疾患の予防薬」)。デンマーク・University of CopenhagenのDaniel Modin氏らは、心血管疾患リスクが高い高血圧患者60万例超を対象とした後ろ向きコホート研究を実施。インフルエンザワクチン接種者では、未接種者と比べて全死亡リスクが18%低かったと欧州心臓病学会(ESC 2019、8月31日~9月4日、パリ)で発表した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  高血圧患者は積極的にインフルワクチン接種を