メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

植物性の高蛋白質食で死亡リスクが低下

多目的コホート研究JPHCで7万人超を調査

 2019年09月13日 05:05
プッシュ通知を受取る

75名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 近年、蛋白質を多く摂取する高蛋白質食が健康に及ぼす影響についての関心が高まっている。こうした中、国立がん研究センター社会と健康研究センター疫学研究部(部長=岩崎基氏)外来研究員のSanjeev Budhathoki氏らは、日本人約7万人を対象に動物性・植物性蛋白質の摂取と死亡リスクとの関係を調査した結果をJAMA Intern Med2019年8月26日オンライン版)に発表。総エネルギー摂取量に占める植物性蛋白質の割合が多いほど、全死亡および心血管疾患死のリスク低下が認められたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  植物性の高蛋白質食で死亡リスクが低下

error in template: found but mtif was expected