メニューを開く 検索を開く ログイン

ポリファーマシーという現象を多角的に語る

 2019年09月13日 05:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 加齢に伴いさまざまな疾患を抱える人は多い。複数の疾患に個別に対応する目的で薬剤が処方されることによって、1人の患者が多くの薬剤を服用する現象が生じる。近年、そうした現象がポリファーマシーとして問題視されるようになってきた。一方、薬を飲むこと、処方することには複雑かつ多様な背景があり、医療全体の縮図ともいうべきさまざまな問題が内包されている。第10回日本プライマリ・ケア連合学会(5月17〜19日)のシンポジウム「多角的視点で語るポリファーマシー〜薬を飲むこと、処方することをもう一度考える」では、新たな切り口からポリファーマシーについて議論された。その内容を4回に分けて紹介する。

 初めに、同シンポジウムの座長を務めた徳仁会中野病院(栃木市)の青島周一氏は、ポリファーマシーをめぐる問題の現状について解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  総合診療 »  ポリファーマシーという現象を多角的に語る

error in template: found but mtif was expected