メニューを開く 検索を開く ログイン

TNFα阻害薬による重篤感染症、小児では?

炎症性腸疾患治療時の課題、デンマーク研究

 2019年09月18日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Sasha_Suzi ※画像はイメージです

 炎症性腸疾患(IBD)治療時の腫瘍壊死因子(TNF)α阻害薬使用と重篤な感染症リスク上昇の関連は、これまでに成人を対象とした研究で示されていた。しかし、デンマークの全国レジストリに基づく新研究の結果、小児においては両者の関連が認められなかった。スウェーデン・Karolinska InstitutetのViktor Wintzell氏らがLancet Gastroenterol Hepatol(2019年9月4日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  TNFα阻害薬による重篤感染症、小児では?

error in template: found but mtif was expected