メニューを開く 検索 ログイン

ラグビーW杯参加国からの輸入感染に注意

2019年09月18日 14:35

48名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images Wavebreakmedia ※画像はイメージです

 今年(2019年)9月20日〜11月2日に、ラグビーワールドカップ2019日本大会が日本各地で開催される。国立感染症研究所感染症疫学センターと国立国際医療研究センター国際感染症センターは、同大会参加国を中心とする海外の国や地域からの訪日客増加による感染症発生の可能性について注意を喚起。参加国別に感染する可能性がある疾患リストを作成したと発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  ラグビーW杯参加国からの輸入感染に注意

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD521560 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外