メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  小児 »  妊娠中の環境が児の血圧値に影響?

妊娠中の環境が児の血圧値に影響?

 2019年09月19日 05:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images XiXinXing ※画像はイメージです

 母親が妊娠中に住んでいた地域の環境や外気温、プラスチック製品に含まれる化学物質など、さまざまな環境因子が小児期の血圧上昇リスクに関連することが、欧州6カ国の母子1,277組を対象とした研究で示された。妊娠中に「ウォーカビリティ」が高い(商店・病院・学校などが徒歩圏内にあり、歩行もしやすい)地域に住んでいた母親から生まれた児では、小児期の収縮期血圧(SBP)値の低下が認められた一方、妊娠中に高い外気温に曝露した母親から生まれた児では、小児期のSBP値の上昇が認められた。スペイン・Barcelona Institute for Global Health(ISGlobal)のCharline Warembourg氏らがJ Am Coll Cardiol(2019; 74: 1317-1328)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

来年のNHK大河は明智光秀

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  小児 »  妊娠中の環境が児の血圧値に影響?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11521558 有効期限:11月末まで