メニューを開く 検索 ログイン

TSH10mIU/L超で死亡リスク2倍超に

甲状腺機能低下症患者16万例超で検討

2019年09月24日 17:30

20名の医師が参考になったと回答 

 英・University of BirminghamのRasiah Thayakaran氏らは、甲状腺機能低下症の患者16万例超のデータを解析。その結果、甲状腺刺激ホルモン(TSH)濃度が10mIU/L超の高濃度群では、対照群(2~2.5mIU/L)と比べて死亡リスクが2倍超に上ることなどが明らかになった。同氏らは、米国および英国の甲状腺学会治療ガイドライン(GL)の推奨範囲(0.4~4.0mIU/L)を上回るか下回る患者では健康リスクの上昇が認められたと、BMJ2019; 366: l4892)で報告している。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  TSH10mIU/L超で死亡リスク2倍超に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD521596 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外