メニューを開く 検索 ログイン

FGF23に直接作用、ブロスマブが承認

パーキンソン病治療薬ロピニロールも

2019年09月24日 05:10

27名の医師が参考になったと回答 

 協和キリンは9月20日、線維芽細胞増殖因子(FGF)23関連低リン血症性くる病・骨軟化症を適応症としてヒト型抗FGF23抗体ブロスマブ(商品名クリースビータ)が承認されたと発表した。同疾患は活性型ビタミンDに治療抵抗性を示す低リン血症性くる病・骨軟化症で、ブロスマブは病因のFGF23に直接アプローチする初の治療薬。同日、パーキンソン病治療薬で血中薬物濃度を一定に保ち効果を持続させるロピニロール塩酸塩(同ハルロピテープ)も承認された。(関連記事「FGF23にアプローチするブロスマブを申請」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  薬剤情報 »  FGF23に直接作用、ブロスマブが承認