メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

強度に関わらず、動いて長生き

加速度計を用いた研究のシステマチックレビューとメタ解析

 2019年09月25日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 長時間の坐位姿勢が健康と寿命に悪影響を及ぼす一方、身体活動がよいことは、これまでの研究で繰り返し示されている。しかし、死亡リスクの低減に寄与する活動量については正確に分かっていない。ノルウェー・Norwegian School of Sport SciencesのUlf Ekelund氏らは、身体活動および坐位時間と全死亡の関連を検討した研究のシステマチックレビューを行い、その結果をBMJ2019年8月21日オンライン版)に発表した。中高年では身体活動の強度を問わず、早期死亡リスク低下と関連することが示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  強度に関わらず、動いて長生き

error in template: found but mtif was expected