メニューを開く 検索 ログイン

強度に関わらず、動いて長生き

加速度計を用いた研究のシステマチックレビューとメタ解析

2019年09月25日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 長時間の坐位姿勢が健康と寿命に悪影響を及ぼす一方、身体活動がよいことは、これまでの研究で繰り返し示されている。しかし、死亡リスクの低減に寄与する活動量については正確に分かっていない。ノルウェー・Norwegian School of Sport SciencesのUlf Ekelund氏らは、身体活動および坐位時間と全死亡の関連を検討した研究のシステマチックレビューを行い、その結果をBMJ2019年8月21日オンライン版)に発表した。中高年では身体活動の強度を問わず、早期死亡リスク低下と関連することが示された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  強度に関わらず、動いて長生き

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD521503 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外