メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

「リスクゼロが医師の責務」の呪いからの解放を

 2019年09月25日 16:59
プッシュ通知を受取る

34名の先生が役に立ったと考えています。

 加齢に伴う慢性疾患患者が医療の主体となった現在、医師が診療場面で遭遇する患者の大半が、完治するとは言い難いなんらかの症状やリスクを抱えている。そうした患者を診察する中で処方薬が増えてしまうのはなぜか。第10回日本プライマリ・ケア連合学会(5月17〜19日)のシンポジウム「多角的視点で語るポリファーマシー〜薬を飲むこと、処方することをもう一度考える」において東京医療センター臨床研修科医長/臨床疫学研究室長の尾藤誠司氏は、医師が薬を処方する行動心理を人類学的・行動経済学的視点から考察。医師は目の前の患者が抱える健康問題をなんとか解決したいと考えるが故に、「リスクや症状をゼロにすることが責務である」といった呪いにとらわれており、それがポリファーマシーを引き起こすとし、「こうした呪いを解き放つ方法を模索する必要がある」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  総合診療 »  「リスクゼロが医師の責務」の呪いからの解放を

error in template: found but mtif was expected