メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

遠隔運動指導でフレイル予防効果は

 2019年09月27日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 主に高齢者において、加齢による骨格筋肉の減少や身体機能の低下を呈し、健常から要介護に至る中途に位置付けられるフレイル。早期に介入することで健常な状態に戻すことも可能といわれている。九州大学キャンパスライフ・健康支援センター教授の熊谷秋三氏らは、地域在住高齢者を対象とした対面型と遠隔型の運動指導介入によるフレイル改善効果を比較した糸島フレイル疫学研究を実施。その成果を第74回日本体力医学会(9月19〜21日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  高齢者 »  遠隔運動指導でフレイル予防効果は

error in template: found but mtif was expected