メニューを開く 検索 ログイン

肺の指定難病に新たなサイトカイン吸入療法

酸素を取り込む能力の指標が改善

2019年09月30日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

 指定難病である肺胞蛋白症(自己免疫性または先天性)は、肺胞と細気管支に肺表面活性物質のサーファクタントが異常に貯留し、進行性の呼吸不全を引き起こす希少疾患である。新潟大学医歯学総合病院臨床研究推進センター教授の中田光氏を主任研究者とする全国12病院共同の医師主導治験研究班は、自己免疫性肺胞蛋白症患者を対象に、サイトカインである顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)吸入療法の有効性を検証するため、多施設共同の二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(PAGE)を実施。その結果、肺の酸素を取り込む能力を示す「肺胞気-動脈血酸素分圧較差」が有意に改善し、詳細をN Engl J Med2019;381:923-32)で報告した。同研究は、2015年日本医療研究開発機構難治性疾患実用化研究事業の支援を受けた。〔関連記事:解説:肺指定難病へのサイトカイン吸入療法の実用化が見えた

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  肺の指定難病に新たなサイトカイン吸入療法

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで