メニューを開く 検索を開く ログイン

混合型尿失禁、手術単独でも効果

 2019年10月01日 16:55
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 女性の尿失禁の約3分の1は、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁のいずれの症状も呈する混合型とされている。標準的な診療ガイドライン(GL)の多くは、混合型に対して行動療法や薬剤による切迫性尿失禁治療を先に行うことを勧めている。しかし、新たなランダム化比較試験の結果、腹圧性尿失禁手術の単独施行でも、手術に行動療法を併用した場合と同程度に切迫性尿失禁症状を改善することが明らかになった。詳細は、米国立小児保健発達研究所(NICHD)のDonna Mazloomdoost氏らがJAMA(2019; 322: 1066-1076)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  混合型尿失禁、手術単独でも効果