メニューを開く 検索を開く ログイン

オシメルチニブでOSが有意に延長

EGFR遺伝子変異陽性NSCLCの一次治療:FLAURA試験

 2019年10月03日 11:55
プッシュ通知を受取る

 第三世代の上皮成長因子受容体阻害薬(EGFR-TKI)オシメルチニブは、EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)患者の全生存期間(OS)を有意に延長させた。米・Emory UniversityのSuresh S. Ramalingam氏らは、EGFR遺伝子変異陽性NSCLCの一次治療における効果をオシメルチニブと標準治療で比較した二重盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験FLAURAの結果を欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2019、9月27日~10月1日、バルセロナ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  オシメルチニブでOSが有意に延長