メニューを開く 検索を開く ログイン

発がん物質検出でラニチジン自主回収

 2019年10月04日 16:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省は10月3日、大阪府内の医薬品製造販売業者から大阪府に対し、H2受容体拮抗薬であるラニチジン塩酸塩を自主回収するとの報告があったと発表した。また、愛知県および福井県の医薬品製造販売業者からも同様の報告があった。原薬から微量の発がん性物質であるN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出されたためという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  安全性情報 »  発がん物質検出でラニチジン自主回収