メニューを開く 検索を開く ログイン

がん患者が治療法を選択する時代へ

 2019年10月07日 17:45
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 放射線照射技術の進歩により、多くのがん種に対して、放射線治療は手術と同等の有効性を示すようになった。しかし、いまだ日本では「がん治療=手術」という既成概念が根強い。東京大学病院放射線治療部門部門長/准教授の中川恵一氏らが実施した調査では、がん種を問わず約9割の患者が、医師の勧めに応じ手術を受けていたという。同氏は、9月25日に東京都で開かれた日本放射線腫瘍学会プレスカンファレンスで「主治医は治療方針を決定する際に、手術を含むさまざまな治療選択肢を適切に患者に提示すべき」と訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ギャンブル依存症に来年度から保険適用の方針

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  放射線 »  がん患者が治療法を選択する時代へ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12521678 有効期限:12月末まで