メニューを開く 検索 ログイン

ギラン・バレー症候群の新薬、第Ⅲ相試験へ

来年の開始を目指す

2019年10月08日 05:05

19名の医師が参考になったと回答 

 千葉大学と近畿大学などの研究グループが行った、重症のギラン・バレー症候群(GBS)に対するエクリズマブの有効性および安全性を検討した第Ⅱ相試験JET-GBSの結果が昨年(2018年)にLancet Neurol2018; 17: 519-529)で報告された。25年ぶりに新規治療法の可能性を示すとし、注目を集めている(関連記事:「ギラン・バレー症候群に新規治療の可能性」「ギラン・バレー、日本から国際標準治療を」)。第31回日本神経免疫学会(9月26~27日)では、筆頭著者である千葉大学大学院神経内科学准教授の三澤園子氏が、実用化に向けて展望を語った。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  ギラン・バレー症候群の新薬、第Ⅲ相試験へ