メニューを開く 検索を開く ログイン

ギラン・バレー症候群の新薬、第Ⅲ相試験へ

来年の開始を目指す

 2019年10月08日 05:05
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

 千葉大学と近畿大学などの研究グループが行った、重症のギラン・バレー症候群(GBS)に対するエクリズマブの有効性および安全性を検討した第Ⅱ相試験JET-GBSの結果が昨年(2018年)にLancet Neurol2018; 17: 519-529)で報告された。25年ぶりに新規治療法の可能性を示すとし、注目を集めている(関連記事:「ギラン・バレー症候群に新規治療の可能性」「ギラン・バレー、日本から国際標準治療を」)。第31回日本神経免疫学会(9月26~27日)では、筆頭著者である千葉大学大学院神経内科学准教授の三澤園子氏が、実用化に向けて展望を語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  ギラン・バレー症候群の新薬、第Ⅲ相試験へ

error in template: found but mtif was expected