メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  妊娠中のビスフェノールA曝露で肺機能低下

ers2019

妊娠中のビスフェノールA曝露で肺機能低下

 2019年10月08日 17:50
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 尿検査で内分泌攪乱化学物質のビスフェノールA(BPA)が検出された妊婦から生まれた子供は、6〜10歳という学童期に肺機能が低下し、喘息や喘鳴を呈するリスクも高まることが分かった。スペイン・Barcelona Institute for Global Health(ISGlobal)のAlicia Abellan氏が、第29回欧州呼吸器学会(ERS 2019、9月28日~10月2日、マドリード)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  妊娠中のビスフェノールA曝露で肺機能低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10521756 有効期限:10月末まで