メニューを開く 検索を開く ログイン
ers2019

妊娠中のビスフェノールA曝露で肺機能低下

 2019年10月08日 17:50
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 尿検査で内分泌攪乱化学物質のビスフェノールA(BPA)が検出された妊婦から生まれた子供は、6〜10歳という学童期に肺機能が低下し、喘息や喘鳴を呈するリスクも高まることが分かった。スペイン・Barcelona Institute for Global Health(ISGlobal)のAlicia Abellan氏が、第29回欧州呼吸器学会(ERS 2019、9月28日~10月2日、マドリード)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  妊娠中のビスフェノールA曝露で肺機能低下