メニューを開く 検索を開く ログイン

大気汚染が暴力犯罪の増加に関連

 2019年10月09日 05:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大気汚染は喘息発作や心血管疾患などの健康問題を引き起こす可能性があるが、1日でも汚染された大気を吸うと人の攻撃性・暴力性が高まる可能性もあることが示された。米・University of Minnesota School of Public HealthのJesse D. Berman氏らが、米国の34州301郡で14年間の犯罪発生件数と大気汚染との関連を解析した結果、大気汚染レベルが上昇すると暴力犯罪の発生リスクも上昇したとEpidemiology2019; 30: 799-806)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  大気汚染が暴力犯罪の増加に関連

error in template: found but mtif was expected