メニューを開く 検索を開く ログイン

ラグビー選手の肩脱臼、限度は3回

 2019年10月09日 05:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 ラグビーワールドカップ2019日本大会に沸く日本。各会場では迫力とスピード感あふれるプレーが繰り広げられている。そのような中、順天堂大学大学院整形外科・運動器医学教授の金子和夫氏らの研究グループは、ラグビー選手の肩関節の脱臼や亜脱臼に伴う危険な骨欠損と、受傷回数や利き手側か否か、選手の特徴との関係を調査。その結果、脱臼または亜脱臼を利き手側で4回、非利き手側で5回繰り返すと、肩関節の骨に生じる欠損が標準的な手術では予後不良となる程度まで大きくなりやすいことを明らかにし、Am J Sports Med2019; 47: 2803-2808)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  ラグビー選手の肩脱臼、限度は3回