メニューを開く 検索

がんサバイバーのCVDリスク、種類で大差

2019年10月09日 05:10

15名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 近年、がん患者の生存率は大幅に向上したが、がんサバイバーにおける長期的な心血管疾患(CVD)リスクの予防・管理に関するエビデンスは不足している。英・London School of Hygiene and Tropical MedicineのHelen Strongman氏らは、20種のがんサバイバー計10万例超とがん既往歴がない対照群52万例超を対象に、がん種別のCVDリスクを比較検討。その結果、大半のがんでCVDリスク上昇が認められたが、リスクパターンはがん種による差が大きかったとLancet(2019; 394: 1041-1054)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  がんサバイバーのCVDリスク、種類で大差